高速道路で前の車の飛び石がフロントガラスに

泊りがけで出かけた長距離ドライブ。 その帰りの出来事でした。

気分よく高速道路を走らせていると・・・


高速道路運転中

「カンッ」と聞きなれない音が! そしてフロントガラスの運転席側の下隅の部分に小さなキズがつきました。 えぇ!

フロントガラスのキズ

前の車からの飛び石です。 でもそれが分かっても、今は高速道路を走行中。 前の車に文句をいっても聞こえません。

どうしようか!このままでは気持ちが収まらない。

「SAかPAかICまで追いかければ、捕まえられるかな・・」とは思ったものの、捕まえても証拠(その車が巻き上げた飛び石でガラスが傷ついた証拠)がない。

ぶつけようのない思いと、小さいながらもしっかり残ったフロントガラスのキズで、テンションは一気に急降下しました。



フロントガラスのキズ、どうする?

キズは幸い小さく、その後のドライブを妨げるものではなかったので、何事も無く家まで帰りました。

その日は運転やら何やらで疲れたので、日を改めてキズをチェックしました。

1センチまではいかないものの、間違いなくキズです。 またもや下がるテンション。 どうしようか・・・

フロントガラスのヒビは、放っておくと日々の運転の振動でだんだん大きくなって最後はガラス全体に達します。

処置するなら早くしないと。

といっても、ガラスの修理なんて初めてだし、ネットで調べたり、電話をかけまくったりで調べました。

すると、いくつかの選択肢があることが分かりました。

(1)とりあえず何もしないでそのまま乗る
(2)カー用品屋さんで補修グッズを購入して自分で直す
(3)自動車のガラスの修理専門店で修理してもらう
(4)フロントガラスの取替え修理

「(1)」の場合ヒビが広がったら取替えしかなくなるので却下
「(2)」は、どの程度有効か?本当にできるか?不安なので却下
とりあえず「(3)」の方向で考えることにしました。
「(3)」がダメなら「(4)」ということです。



自動車のガラスの修理専門店で修理してもらうことに

ネットや電話で調べるうちに、飛び石によるフロントガラスのキズを、取り替えではなく、直す専門の技術やお店があることが分かりました。

いくつかの自動車整備工場に電話しましたが、フロントガラスの修理は自前じゃできないので、専門業者に外注しているとのこと。

その専門業者の名前を教えてもらいましたが、どの整備工場でも教えてくれたところは全て同じ業者でした。

自動車のガラスを直せる専門業者ってそんなにはないようです。 実際、あまり耳にしないですからね。 でも複数の整備工場が外注に利用してるところなら信頼できそうです。

そこで、その教えてもらった専門業者に、電話で問合せしてみました。

わたし :「飛び石でフロントガラスにキズができたんですが、直せますか?」
業者さん:「大きさにもよりますが、直せますよ。 直せないときは、フロントガラスの取替えですね・・・」

確かなことはキズを見ないといえないと前置きしつつ電話で確認できたことは・・・
(1)修理は2万円程度(キズが1センチ未満)
(2)フロントガラスの取替えなら中古を使っても4~5万はかかる(初代デミオ)
(3)2万円で修理した後に、万一キズがすぐに広がりガラス交換が必要になった場合は、交換修理の代金から最初の修理費2万円を割引きで修理に応じる
ということでした。 早速修理を依頼することにしました。



フロントガラスを修理してもらいました

その専門業者は意外に家の近くの場所でした。 車で10分弱です。

その業者にいくと、建物の横に飛び石によると思われるたくさんのキズついたフロントガラスが置かれていました。 飛び石の被害って結構あるんだなぁと思いました。

午後からクルマを預けて、夕方にはできあがりました。



キズはどこ?

修理後のクルマを受取りにいって、フロントガラスを見たらビックリ。 どこにキズがあったのかわからないくらいキレイに直ってました。

雨が降っていたので、見えにくかったというのと、もともとキズが小さかったということもありますが・・・


フロントガラス修理前と修理後
フロントガラス修理前と修理後(拡大)

さすが専門業者、見えなくなるものですね。

これなら、今後ここからヒビが広がる心配もなさそうです。



キズの再発はどう?

フロントガラスの修理後、特に異変も見られず、快適に過ごしてました。 そして9ヵ月後の車検も問題なくクリア。 ところが・・・

この冬は、記録的な大雪。 毎日のように、一晩で数十センチの雪が積もる日が続き・・・。 冬はどうしても寒さで、夜はクルマが凍りつきますが、今年は特にひどかったかも。

そんな過酷な1月をすぎ、やや天候が穏やかになりつつあった2月の頭。 フロントガラスに異変を発見。 なんと、・・・・ (続きは記事ページでどうぞ^^)



話題をピックアップ

フロントガラスの飛び石のキズ・リペアで車検は?@ガラス修理9ヵ月後
フロントガラスの飛び石のキズ。リペア後全く問題なく9ヶ月が経ちました。そして迎える車検。はたしてリペアしたフロントガラスは車検を無事合格することが.....

フロントガラスの飛び石のキズ・リペア後再発@ガラス修理11ヵ月後
フロントガラスの飛び石のキズ。リペア後11ヶ月が経ち、再発が確認されました。今年の大雪のせいか、リペア部分が剥げ落ちて、キズが表面化してました。早速リペア.....

フロントガラスの飛び石のキズ・リペア後再発そして再修理
フロントガラスの飛び石のキズ。リペア後11ヶ月目で傷が再発しました。その再修理についてと、ガラスリペアにあ.....

球場でファール球がリアガラスを粉々に・・
野球の大会を見に野球場に行ったときのことです。球場に着き、駐車場にクルマを入れ一息ついてました。天気もよく、まさに.....

掌打で割れたフロントガラス
ウソのような話かなり前のことですが、友人が古い外車に乗っていたときがありました。到着したクルマをみてビックリしました。フ.....

スタッドレスタイヤからタイヤ交換。そして予想外の・・@体験から
タイヤ交換@5月初旬今年は雪も少なく、早くから雪が無くなったというのに、何かと理由をつけて先延ばしいていたタイヤ交換を5月に入.....

ドライブシャフトブーツのひび割れ発見@タイヤ交換
タイヤ交換で発見タイヤ交換は、タイヤの陰となる部分を確認する良い機会です。ゴム製のドライブシャフトブーツの部分には、グリス(油ですね).....

廃車の新常識@事故車・水没車・不動車・低年式車も
廃車とあきらめてたのに・・以前なら廃車とあきらめていた事故車・水没車・不動車・低年式車でも、満足の価格で手放すことができたと喜ばれてる方法が.....

中古車の買取・廃車それとも車検
愛車の車検で悩んでませんか?中古車の買取や、中古車選び、車検、廃車、・・・昔と違い近頃は便利です。例えば買取りならたった数分の簡単入力で複数の車買取店が愛車の査定を競います。中古車選びも簡単手続だけで全国の在庫の中から提案してもらえます。車検もユーザー車検の登場で、いろいろなタイプの車検が選べます。以前なら廃車とあきらめてた事故車や低年式車、水没車、多走行車も買取されてます。クルマに関する新常識を解説中。

クルマ買取り査定を簡単比較
自動車の買取り手順を間違うと苦労して損するかも。近頃はまずはネットで査定比較するのが新常識。手間をかけずに、愛車の高い買取店を見つける事ができます。買取店が競う仕組みなので、従来なら廃車とあきらめてたクルマも買取されたと喜ばれてます。知らずにクルマを手放した人が本気で悔しがる仕組みがあります。

ハジメテの愛車買取りで大成功
ハジメテ愛車の買取りを試して成功している人の秘訣を紹介中。ネットでカンタンにできる無料一括査定の使い方がポイントでした。その理由や背景もしっかり解説してます。

愛犬のしつけを他人任せにしない
無駄吠え、吠え癖、呼んでも来ない、トイレや待てができない、散歩の引っ張り、噛み癖、いたずら、いうことを聞かない、留守番ができない、・・・愛犬の問題行動で悩んでいませんか?愛犬は飼い方・しつけしだいで、問題児にも、お利口さんにもなります。しつけにはコツがあります。真剣に悩んでいた多くの飼い主さんに喜ばれてる犬のしつけ法をご紹介。

航空工学のこと
航空工学(こうくうこうがく)とは、航空機の設計や製造、運用、整備などに関わる工学で、安全で快適な空の旅や、物流を支える空輸にはなくてはならない工学です。航空工学では流体力学や構造力学、熱力学などの力学のほか、制御工学などを用い、航空機の発達を支えている学問です。航空工学をもっと身近にしたいと考えてます。

廃車と決める前に
廃車と決めるのは早いかも。廃車業者を探す前に、することがあります。実は業者によって対応が全然違うことも。あなたの愛車、廃車手数料がかかる廃車以外の方法があるかも。

Copyright © 2010~2011 飛び石でフロントガラスに傷・ヒビ!修理できる?保険?弁償は?. All rights reserved